幹細胞化粧品はどう違うか

4a9e2f804d71711afc80863a4cbcdeb7_s

幹細胞化粧品について書いています。

女性は常に美しくありたいものです。女性は肌のハリとツヤのある潤い肌をキープしようと色々な化粧品を使ってケアをします。しかし年齢を重ねたり、ストレスや女性ホルモンの関係、また紫外線の影響によって肌が退化してたるみや乾燥肌といった悩みを抱えることになります。いくら科学が進歩しても、人が年齢をとるということは止められません。肌の老化を止めるということは不可能ですが、しかし若々しい肌を保つような努力をすることである程度質感のいい肌をキープすることはできます。

肌のたるみは顔の筋肉の退化を防ぐ努力をすることである程度止めることができます。肌のたるみが表れると実年齢より10歳以上老けて見えると言われています。ゆえに早めの対処が必要になりますが、主にまぶたの下のクマができている人、口角が下がっている人、フェイスラインがぽちゃっとしている人などは気をつけましょう。

肌のケアには幹細胞化粧品を始め、色々な薬品がありますが、まずは普段から表情豊かににする習慣をつけて、顔の筋肉を解して柔軟で若々しい肌をキープしましょう。

それでも小じわやたるみが目立ち始めたら、ケアには幹細胞化粧品がおすすめです。
幹細胞は細胞を作り出す細胞と言われています。再生医療や美容業界から大きな注目を集めている細胞ですが、肌はターンオーバーを正常に促す表皮幹細胞と、肌のハリやツヤを与える真皮幹細胞の2種類が存在しています。この2つの幹細胞の再生能力によって肌は保たれているのですが、年齢を重ねるとこの幹細胞の働きは低下し、肌の老化の原因となります。この細胞の働きを助け、若々しい細胞を生み出すのがこの幹細胞なのです。

幹細胞化粧品の原料には主に「動物由来」「植物由来」「ヒト由来」の3つの種類があります。
動物由来の幹細胞は主に幼い羊の毛根や羊のプラセンタから抽出される幹細胞エキスを使用しています。人間の肌幹細胞に近いとされており、肌馴染みもよいですが、安全性という点で現段階検証中で、海外では既にこの幹細胞が認めらて流通していますが、日本ではまだこの動物由来の幹細胞化粧品が販売されていません。
ヒト由来の幹細胞はヒトの脂肪やヒト繊維芽細胞からとられたヒト幹細胞培養エキスになります。ヒト由来ですので肌に合いやすい上に効果が最も期待できる幹細胞ですが、コストは3〜5万円とやや高いのが難点でしょうか。
そして植物由来の幹細胞はリンゴ、アルガン、カミツレ、高麗人参などの植物から抽出されている幹細胞エキスです。安全性が高く、ヒト由来の幹細胞と比べてもリーズナブルで、現在日本で最も流通している幹細胞です。

幹細胞には以上のような種類がありますが、価格や容量、そして由来や効果、使いやすさといった点を総合して見て、自分に合う幹細胞化粧品をお選びください。

幹細胞化粧品で美しく